Enigma Japanのブログ

仮想通貨Enigma(エニグマ)についてガチ解説していくEnigmaJapan.infoのブログです!

シークレットICOとプライバシートークン

この記事は公式ブログの記事である「Secret ICOs and Privacy Tokens」を翻訳したものです。

EnigmaがどうやってセキュアなICOを可能にし、プライバシートークンを新しいスタンダードにしていくのかについて

Initial Coin Offering(ICO)が暗号通貨の世界を圧巻してます。良くも悪くも、ユーティリティートークン(そして今後はセキュリティートークンも)の発行が拡大してます。この記事を書いている時点で、およそ1600ものトークンがCoinMarketCap.comに掲載されており、日々さらに追加されてます。トークンの新規発行は世界全体、そして特に暗号通貨界隈に非常に大きな影響を与えてます。

f:id:udoncryptocurrency:20180506173327p:plain

ICOの急成長に大きく貢献したのは、最初に広く使われたスマートコントラクトプラットフォームであるEthereumでした。Ethereumでは任意のルール(例えば発行量、トークンの値段、ソフトおよびハードキャップ)に基づいて新しいトークンを発行でき、開発の観点からとてもシンプルでありユーザーの視点から見てもフェアでした。 フェアというのは、ICOのコントラクトで定めた条件が文字に従っているということを意味します。例えば、スマートコントラクトに1ETH送られたら100NewOrgトークンを送り返すと定義した場合、このICOはこれに従うことになります。

ですが、このメカニズムはうまくいきましたが、最適なソリューションではありません。従来型のICOは依然としてコインの発行者と購入者の両方に、深刻なセキュリティリスクとプライバシーリスクをもたらします。

以前シークレットコントラクトについて私の記事で論じたように、全てのブロックチェーンが今日抱えている問題は、スマートコントラクトのデータも含めて、レジャーに保存されている情報が完全にオープンになってしまっているということです。ICOの場合に当てはめると、これは(例えばトークン作成イベントなどで)トークンのスマートコントラクトが初期化されると、トークンホルダーの分布が完全にオープンになってしまうことを意味します。つまり、人々から資金を盗もうとするような潜在的なハッカーたちを含め、誰もがどのウォレット、そして各個人がどれだけ持っているのかを正確に把握できてしまうのです。

f:id:udoncryptocurrency:20180506173359p:plain

例:ENGの保有額Top100人の配布状況

さらに、ユーザーの所持状況、特に多額の金額が動くものを追跡して、その行動や取引の習慣を分析しようとするのが一般的になってしまってます。贔屓目に見ても、こう言った行為は個人のプライバシーを侵害してます。さらに悪いことに、こういった手法をハッカーたちが匿名化され、個人のハニーポットとして認識し、彼らにアカウントをハッキングしようとさせるのです。 重要なのは、これらのリスクがトークンの発行者に及ぶことです。トークンの発行者は、持っているトークンが悪意ある者のターゲットになってしまう可能性があります。

さらに事態を悪化させているのは、いま現在、ほとんどのICOが買いたい人に対してあなたのIDなどを含む機密情報なKYC/AMLデータを提出するよう要求していることです。もしこれらの情報が漏洩してしまった場合、あなたのアイデンティティーとウォレットの残高とを結びつけるのは容易であり、トークンの所持者のリスクをさらに悪化させます。あなたがとても熱心な暗号通貨投資家であれば、長くこの界隈にいるにつれて、より多くのプロジェクトのICOに参加する可能性は高くなるでしょう。

これらの深刻なプライバシーのリスクと(より重要な)セキュリティーを考慮して、全てのトークンの所持者のプライバシーとセキュリティーをきちんと保護できるように、ICOの再設計を提案します。EnigmaはこれらのシークレットICOを実現し、 プライバシートークンの発行を秘密裏に行います。

シークレットICOで発行されたプライバシートークンは、スマートコントラクトにプライバシーを追加するEnigmaのシークレットコントラクトの機能に依存する、既存のERC20の拡張版のようなものです。これにより、ERC20のようなトークンの柔軟性とシンプルさと、プライバシーや匿名性を組み合わせることによって、独自の本格的なブロックチェーンを実行する匿名通貨を実現できるようになります。そしてさらに、DAICOなどのより興味深いアイディアは、シークレットコントラクトを使って開発することができます。(つまりシークレットDAICOも可能です)

これはシークレットICOとプライバシートークンのアイディアを紹介したものに過ぎなく、完全なソリューションではありません。適切にトランザクションのプライバシーを確保するのは、現在懸命に研究が行われている分野です。たとえ強力なプライバシー技術を利用している場合でも、MoneroZcashにあげられるように、匿名化は依然として心配事です

じゃあシークレットICOはEnigmaを使ってどのように稼働するのでしょうか?プライバシートークンはどのように機能するのでしょうか?トークンの発行者や購入者のメリットはなんでしょうか?

はじめに:トークン生成イベント

シークレットICOは、トークン生成イベントから始まります。これはコントラクト開発者が決めた条件に従うシークレットコントラクトによって資金を受け取り、受け取った金額に基づいて新しく作成されたトークンを分配するような仕組みです。このプロセスはほぼ同じですが、トークンの購入者はトークンを持つために暗号化されたウォレットアドレスを使う必要があります。これにより、いずれはトークン所有者を識別するリンクが解除されます。よりプライバシーを確保するために、投資したアドレスも再利用してはなりません。

ユーザーがどれだけ投じてくれたのかに基づいて、コントラクトは暗号化されたエントリーを残高状況に追加し、それによって購入者に正しい金額のトークンを発行します。ですが、フルバージョンの残高状況も暗号化されてるために、誰が実際にトークンを所有しているか、どれだけ所有しているかを覗き見ることはできません。

f:id:udoncryptocurrency:20180506173418p:plain

また、トークンを(チームやアドバイザーたちが)保持してたりあらかじめ一定量発行するよう定めてたりする場合も考慮する必要があります。これらはコントラクトのオーナーが暗号化されたアドレスと金額を細かく記しリストにするという非常によく似た方法で対応できます。大事なことは、Enigmaではコントラクトのオーナーがパブリックコントラクトでの条件よりも多くのトークンをチームなどに配ってないか、”シークレットコントラクト”を使ってこういった暗号化されたインプットデータについて演算を実行し確かめることができるということです。

プライバシートークンの作成

トークン生成イベントでは誰がどれだけのトークンを持っているかを覗き見ることは出来ませんが、誰もそれ以上のトークンを持っていないということを確かめることができます。このままではICOの時点で有効な定常状態が作られますが、これはトークンの所有者の継続的なプライバシーを保証するものではありません。

プライバシーを維持するために、トークンの送信に関しても暗号化したまま演算を行う仕組みを使って実行する必要があります。基本的に、トークンを他の人に送信するたびに送信者、受け取る人、および金額を暗号化し、他のワンタイムアドレスでGasを支払うことでできます。(これはERC20の仕様とはちょっと違うことに注意してください。ここでは送信者はトランザクションの署名者として暗に定められてます) これらがシークレットコントラクトで可能になることです。

発行時にこういった機能が実装されていれば、ほとんど手間をかけずに発行された全てのトークンはすぐにプライバシートークンになることができます。前述のように、プライバシートークンは保有者のアイデンティティーを保護し、セキュリティーリスクを大幅に軽減します。

KYCリスクの軽減

シークレットICOには他にも利点があります。規制が厳しくなってくればそれに伴いICOがKYCを行うのが一般的になっていきます。これは全体的に見ればいいことです。悪意ある者や不正行為を取り除きやすくなったり、この界隈でより合法的に行うことの助けになります。ですが、ICOの件数が急速に増加したことを考えると、これは中小企業が取り扱いが大変な非常に機密性の高いデータを預からなくてはいけないことを意味します。暗号通貨界隈で悪意ある人が蔓延していることを考えると、これは企業や投資家にとって非常に危険な状態にあります。

よりいい解決策は、ICOの参加者が自分のID(また他のKYCデータ)をトークン発行者と直接共有しないことです。代わりのより良いアプローチは、シークレットICOのコントラクトが(実験的に)ユーザーの暗号化されたIDを受け入れるようにすることです。シークレットコントラクトは、パスポートの内容をテキストデータに電子化するのを暗号化したまま演算を実行することで可能にしたり、ある人をICOに参加させることを許可するべきか否かを決定することに使える。私たちは以前、オンチェーンでの評価アイデンティティーのシステムを構築するという同様のアイディアをこの記事で検討しました。

確かに、この機能の開発には時間がかかり、技術の成熟と適切な権限の調整の両方が必要です。ですが、このメカニズムを使うことで、トークンの発行者は機密データであるユーザーデータを不必要に危険にさらすことなく、(誰も見ることなく)規制当局の決めた基準に準拠していることを証明できます。

報告義務の確保

シークレットICOの明確な利点について述べてきましたが、経験豊かな読者はもしかしたら明らかな欠点に気がついているかもしれません。トークンの所有者のプライバシーは保護されてますが、透明性が失われているということです。トークンの所有者は保有量や個人情報を共有しないことでセキュリティーを確保したいと考えてますが、またトークンに関する重要な情報も同時に知りたいと考えてます。例えば、トークンの全体的な分布状況を把握することで、ホルダーがどれくらい集中化しているのかを知ることができます。同様に、アドレスを直接見ることができなくても、コミュニティーはチームメンバーが持つトークンをいつ売るのかを知ることができるはずです。他にもファンド(DAICOなど)の支出の報告義務を追加できたりなど、他にも色々と面白いことを実施できる。

これはシークレットICOによって作成されたトークンが、既存の匿名通貨と比較して大きなアドバンテージを持つところです。トークンはシークレットコントラクトによって発行されるため、トークンに面白い機能を追加するのは簡単なことです。そういった機能の一つが、プライバシーのために透明性を犠牲にすることがないことを証明できる、こういった類の報告義務機能です。

ですが、もう一歩踏み込んでいきましょう。ICOとプライバシープロパティーを組み合わせることは、セキュリティートークンを非常に有用なものにするための基礎の一つになる可能性があります。シークレットICOは、保有量やその他のデータを公開することで危険にさらすことなく、(コントラクトの不変ルールのおかげで)汚いお金をつかんだり、SCAMに引っかかったりするリスクを減らすことができます。

上記のことをサマライズすると、シークレットICOはトークン発行者が透明性と報告義務を果たすことができ、またトークンの所有者と発行者自身のプライバシーとセキュリティーを確保することもできる、世界にとって良い二つのことを実現できます。今日行われているようなICOからシークレットICOへの移行というパラダイムシフトにより、ユーザーの特命課に伴うセキュリティー上の懸念を著しく軽減するかもしれません。またさらなる良い恩恵として、シークレットICOはデフォルトで簡単に設定して変えられるプライバシーとくんを作成することもできます。

Enigmaはシークレットコントラクトによって可能になる、シークレットICOや、その他たくさんのソリューションをアクティブに探求していきます。私たちはスケーラブルで、セキュアで、 end-to-endの分散型アプリケーションのための最初の成功したプラットフォームを造るために全力を尽くしてます。より安全で分散化された未来を一緒に作りましょう。

シークレットICOに興味がありますか?Engimaを使って何かアプリケーションを開発したいですか?私たちのコミュニティーに参加して、このプロジェクトとビジョンについて学んでください。

プロジェクトに関してより知りたい場合はwebsiteブログを参照してください

Enigmaプロトコルで何か作りたいですか? 申し込みはこちら

ーデベロッパーコミュニティーのニュース、Coming Soon!ー

Enigmaのチーム募集してますhttps://enigma.co/team/

Telegramhttps://t.me/enigmacatalyst

Discordhttps://discordapp.com/invite/SJK32GY

Reddithttps://www.reddit.com/r/enigmacatalyst/

Twitterhttps://twitter.com/EnigmaMPC